スポンサードリンク

ブライダルコーディネーターの資格を取ろう

ブライダルコーディネーターは、結婚を控えたカップルの要望と予算に応じて、式場選びからドレス、ブーケ、料理、式の進行などブライダルに関するあらゆる相談に対応し、手配や手続きを代行します。式当日も総合演出家として司会者やブ衣裳係などのスタッフを統括し、進行を管理します。

ブライダルコーディネーターには、コミュニケーション力、企画力、折衝力、進行管理能力が求められます。さらにフラワー、ドレス、食事、音楽などの分野にも精通しておきたいところです。

ブライダルコーディネーターは、多くのお客やスタッフと関わるため、信頼される人柄とおもてなしの心がもてる人が向いています。マニュアルやプラン通りにはいかないため、柔軟な判断力を備えた人がブライダルコーディネーターに向いているでしょう。

ブライダルコーディネーターになるためには、養成スクールなどで、マナーから式演出のための企画力、折衝力などブライダルの知識を総合的、かつ体系的に学習する必要があります。在学中に認められれば、スクール母体のブライダルプロデュース会社にブライダルコーディネーターとして就職できる可能性もあります。

ブライダルコーディネーターは、ホテルや結婚式場のブライダル部門、ブライダルプロデュース会社の正社員や契約社員として働くのが一般的です。レストランでもブライダル部門を設け、ブライダルコーディネーターを採用するところが増えています。

ブライダルコーディネーターといっても、日本ではブライダルコーディネータという職種の規定があるわけでありません。ブライダルコーディネーターの資格としては、アシスタントブライダル・プランナーがあります。

アシスタントブライダル・プランナーは、全米ブライダルコンサルタント協会(ABC協会)が、日本におけるプロフェッショナルな人材育成の目的で、開始した資格制度です。

欧米スタイルの導入が急速に進んでいるブライダル業界で日欧米のブライダルを理解した、一定水準のプランニング能力の持ち主として認定されます。アシスタントブライダル・プランナーの認定を受けるにはまず検定を受験し、1級に合格することが必須です。その後、協会へ申請することにより、認定を受けます。アシスタントブライダル・プランナーとして認定されると、一定レベルの実力の証明になるほかに、内外のブライダルの最新情報や仕事情報の提供、米国での研修が受けられるというメリットもあります。

アシスタントブライダル・プランナーの受験資格には制限がなく、どのレベルからでも受験できます。

アシスタントブライダル・プランナーになるためにはスクールに通うことが必要で、協会認定欧米ブライダル習得カリキュラムと教材を取り入れた認定校は、全国にあります。

アシスタントブライダル・プランナーの認定者のほとんどが女性で、すでにブライダル業界で仕事に就いている人と、他業種からブライダル業界への転職をめざす人との比率がほぼ半々です。

アシスタントブライダル・プランナーは、ブライダルコーディネーターとして取得しておきたい資格です。

2007.05.08.08:00 | Permalink | Track Backs (0) |